UVカットフィルムを貼ると紫外線の99%をカットすることができる

SITEMAP

日差しが差し込む部屋

UVカットフィルムで快適な空間を

明るい印象の部屋

自然界に存在する紫外線は浴びすぎると肌に悪影響を及ぼし、時には皮膚がんや白内障をも引き起こすと言われています。近年オゾン層の破壊により、紫外線は増え続けています。そんな紫外線防止の為に日焼け止めクリームを利用するなど対策をとっている人は多いと思いますが、では室内にいる時はどうでしょうか。室内にも紫外線は入ってきます。その対策はされているでしょうか。
UVカットフィルムを窓ガラスに貼ると、紫外線の99%をカットすることができます。人体への紫外線対策にはもちろんですが、UVカットフィルムの効果はそれだけではありません。
フローリングや床などが紫外線によって劣化することを防ぎます。また、地震時の窓ガラスが飛散や落下することを防ぎます。侵入者が窓ガラスを割って室内に入ろうとしても、窓ガラスを割った後にフィルムを剥がすといった手間がかかる為、防犯にもつながります。
また紫外線を光と認識している虫が寄ってこなくなります。省エネにもなり、夏は涼しく冬は暖かくといった快適な空間を保つことが出来ます。
UVカットフィルムを施工してくれる会社に見積依頼を出し契約が決まると、日程を調整し施工という流れになります。年々注目されているUVカットフィルムを取り入れて、快適な空間で過ごされてはいかがでしょうか。

UVカットフィルムで床の日焼け防止

我が家は明るく日差しがたくさん入る家にしたくて、窓を大きく、そして窓の数を多くしました。家自体は明るくていいのですが、夏場気になったのは直射日光です。あまり日差しが強いと床が日焼けしてしまいそうです。床が傷むと家が古く見えてしまいます。
また、直射日光ががんがんあたるとクーラーの効きも悪いような気がしたのでUVカットフィルムを窓に貼ることにしました。窓が大きいので、最初はお金がかかりました。ですが、後に電気代なども変わってくるだろうと思い、リビングの窓には全部UVカットフィルムを貼ることにしたのです。このUVカットフィルムを貼ると、室内にいると紫外線がカットされているのがわかります。前ほど暑くならないのです。これなら床も日焼けしないで、また夏場のクーラー代も抑えることができそうだと思いました。このUVカットフィルムを貼るようにしてから3年が経ちます。
床は全然日焼けしていません。また、夏場のクーラー代は1月で1500円ぐらい減りました。UVカットフィルムは効果ありだと思います。見た目は何も変わりません。窓にUVカットフィルムを貼れば床の日焼けや電気代を安く抑えることが可能です。我が家ではとても効果があったので、UVカットフィルムはおすすめです。

UVカットフィルムの魅力について

UVカットフィルムとは窓ガラスの表面に張るフィルムのことで、様々な機能を兼ね備えています。
そもそも紫外線とは、家具の日焼けや劣化、変色を招くものです。さらに人が浴び過ぎると皮膚ガンや白内障になりやすくなることも明らかになっていますし、シミやソバカスの原因にもなります。
オゾン層の破壊により私達へ届く紫外線の量は増加していると言われている今は、夏の暑い時期だけでなく冬にも対策は必要といえるでしょう。UVカットフィルムは、その紫外線を遮断する目的はもちろんのこと、店舗などの大型の窓では、飛散防止の目的で使われることもあります。さらに断熱効果も期待できるので冬場には結露対策にも役立ち、また、夏は涼しく過ごすことが出来るので、自然と省エネに繋がります。
フィルムのデザインはドット柄やストライプと多種多様なものもあるので、外からの目隠しにも効果的ですし、室内から見てもそのデザインを楽しむことができます。
また衝撃によるガラスの飛散防止を目的としたフィルムは、防犯にも効果が期待されます。UVカットフィルムといっても様々な種類があるので、自分の求める用途に合わせたフィルムをみつけて使用することで、今よりもっと快適に過ごすことが出来るのではないでしょうか。


快適空間に欠かせないUVカットフィルムの施行はこちら【ガラスプロテクター】にお任せ!!

PICK UP

TOP